秋冬に昨年のブーツを出したら、カビ(鰹節や味噌、醤油、日本酒などにはカビが用いられています)が生えていた・・・なんて経験をしたことはないでしょうか?ブーツは普通の靴と比較して蒸れやすく、また、乾燥させにくい構造をしているため、しっかり手入れをしたつもりでも保管している間にカビ(鰹節や味噌、醤油、日本酒などにはカビが用いられています)が生えてしまう事もよくあるものです。それでは、ブーツの失敗しない保管方法(まずは想定しうる可能性をピックアップすることが肝心でしょう)についてご説明しましょう。ブーツを保管するには、表面の汚れを落とすのは当然の事、ブーツの内部をきれいにすることが大事ですよ。ただでさえ下駄箱の中などは密閉されていて空気の循環が悪く、雑菌が繁殖しやすい状態になっています。本来は風通しの良い場所に逆さにした状態で保管するのが一番良いのですが、それでは見た目が悪いため、如何しても箱に詰めたり、下駄箱の中にしまうことみたいです。ですから、その前に除菌クリーナーなどを使って、きちんと除菌することを忘れないでください。そして、しっかり乾燥させること、これが何より一番大切だと思います。また、表面の汚れも、見た目よりずっと汚れがついていることも多いものです。柔らかなブラシで軽く汚れを落とした後は、柔らかい布で綺麗に拭いて汚れを落とし、傷などは専用のクリームやムースで補修しておきましょう。保管する際には、形が崩れないようにブーツキーパーを使います。さらに、出来れば定期的に出して、風に通すとカビ(梅雨の時期には特に注意が必要ですね)を防ぐことができます。ブーツの中に乾燥剤を入れておくのも、有効な手段の一つですねー